片山廃寺跡

静岡市の南郊外の大谷にある奈良時代後期の寺跡

近くには弥生時代の登呂遺跡、久能山東照宮がある(白鳳年間は久能寺)

昭和41年の東名工事に伴い本格的に遺跡調査が行われ

現在のような遺跡全貌が明らかになった

160メートル四方の広大な敷地内に3つの大きな建物の礎石が見つかっている

想像するに当時この地域一帯は安倍川の下流域にあたり。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする