あらかると@

Just another WordPress site

no image

ほのかに色っぽいカヤの実

2014/10/05   -草木・花

カヤの実とイヌガヤの実葉っぱがついてるほうがイヌガヤ 食用にもなり薬効もあるようだ。木材は碁盤などに使われる 実が熟す前 8月ごろだったかイヌガヤの実を珍しげに採ってみたが 指先に実の成分がベトベトと …

月下美人の花

月下美人が咲いた

2014/09/29   -草木・花

今年2つ目の月下美人が咲いた 一夜限りの大輪 花の中の女王の風格 艶かしい香りが風のない夜の闇に沈んでいる いつまでも飽きることなくそばにいたい

池田晶子 不滅の哲学

2014/02/12   -読んだ本

著者は若松英輔 1968年生まれだからまだ40台の若い批評家 池田晶子の名前は知っていたけど読んだことはない。 彼女の生き方を「不滅の哲学」として紹介している 彼女の哲学の特徴 ソクラテスのロゴスがプ …

no image

枯葉の詩

2014/01/31   -メモ

かさこそと黄金色の光の海に舞っている袢纏木の葉 まだ散り残りをたくさんつけて青空に聳えている 秋の一日うらうらと陽は暖かい 瓢箪塚古墳の上にはらはらと欅の枯葉が舞い積もる 鳥のさえずりを聞きながら願う …

唐ネズミモチ

2013/09/08   -草木・花

安倍川の河川敷で唐ネズミモチを見つけた。実はだいぶ膨らんできている。11月ころにはネズミの糞のように黒くなる。 実は薬用に利用される女貞子。薬効は滋養強壮、白髪防止、目にも好い様でなんともありがたい木 …

無人販売

2013/07/31   -メモ

平澤寺前の無人販売で「京都伏見のあまなが」と 「アンデスレッド」なるものを買った 100円也 京都伏見・・は多分「ししとう」だろう しし唐の辛いのは苦手だがまあ、外れてもいいや 調べてみると 「伏見甘 …

尺八奏者 中村明一氏の『倍音」 「密息で身体が変わる」

2013/07/26   -読んだ本

「倍音」 音楽を構成する音について考えてみたこともなかった 音は瞬間的な周波数であらわすことが出来る基音と時間の経過とともに 重なってゆく倍音によって成り立っている これは音色 バイオリンでもピアノで …

宇宙に繋がる地球のセンサー

2013/07/25   -五感を超える

静岡県立美術館までのプロムナードには幾つかの彫刻がある そのうちのひとつ 時々眺めてるけどなぜか気になる 石柱と石球 ところが眺める位置によってはとっても間の抜けた彫刻物 やはりこの位置からのものが気 …

ユーカリの木

2013/07/21   -草木・花

場所は静岡県立大学薬草園脇テニスコートの横に今が盛りと咲いている ユーカリは600種類ほどあるそうだがその中でもレッドフラワリングガムという 珍しい種類  ユーカリの葉の造形美 1時間も放置すると生気 …

興津清見寺

2013/06/02   -メモ

興津 清見寺にスーバーカブで出かけた 国吉だから約12キロと思ったほど遠くではない 静岡市埋蔵文化センターの横を過ぎ大きなカーブを曲がると 坐漁壮が右手に見て少し行ったところにある。   何 …