あらかると@

Just another WordPress site

過ぎ去りし日々

アラカルト再開

投稿日:

人生きまぐれに生きてきて 早 71年
さて 後ろを振り返ってみると色々なことがあったなあとは思うのだけれども
不思議なことにはてさて60の時、50の時、40の時、30代の頃、20代のとき
10代の頃はちょっと記憶が薄れるが、(中学高校辺りは記憶に残っている)
つらつら思うにそう大昔のことだというイメージはない

これはまことに不思議だなと思うんだけども
やっぱり僕一人の人生というのは 僕一人の中で 70年という歳月が 一緒くたになって
一緒くたのタクミという人間を作っているんだなと思う 生まれてから今までを直線的に考えることができないのである。

まあいずれにしても余分な事はさておきま気まぐれではあるけれどもまたアラカルトという題のブログを再会してみようかなと思います
半分はメモ代わりメモ帳 日々いろんなことに気がついたりあれと思ったりこれは面白いなとかこれはやだなとか思ったりすることをまぁちょっと書き留めておいて
それがどうということではないけれども 後になってつらつら 思い出したり考え直したりする縁になればいいかなと いう次第である。

-過ぎ去りし日々

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

青空と鋏

昭和46年の手帳に乱雑に書き留めてあった いまでも青空に鋏を入れるというヴィジョンは消えない タイトルは今日つけたものだ 役立たずの大ばか者 なに見て口をあんぐり 二人の紳士があいさつ 「今日はまた格 …