あらかると@

Just another WordPress site

読んだ本

薫習

投稿日:2018年7月30日 更新日:

熏習(くんじゅう、梵: vāsanā、abhyāsa、bhāvanā)とは、身口に現れる善悪の行法もしくは意に現れる善悪の思想が、起こるに随ってその気分を真如あるいは阿頼耶識に留めること。俗にいう「移り香」、香りが衣に染み付いて残存するようなことを言う[1]。

薫習が身口意に現れたのを「現行法」(げんぎょうほう)といい、真如あるいは阿頼耶識に気分が留まったものを「種子(しゅうじ)」あるいは「習気」(じっけ)という。このように現行法が真如あるいは阿頼耶識にその種子もしくは習気を留める作用を薫習という。

「薫習の義とは、世間の衣服に実に香なし、もし人、香をもって熏習するに、すなわち香気あるが如し」大乗起信論
「熏とは撃発の意味。習とは数々の意味。数々の熏発によってこの種(子)があるから。」唯識述記 一本

池田晶子 魂とは
井筒俊彦 大乗起信論の項目

-読んだ本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

池田晶子 不滅の哲学

著者は若松英輔 1968年生まれだからまだ40台の若い批評家 池田晶子の名前は知っていたけど読んだことはない。 彼女の生き方を「不滅の哲学」として紹介している 彼女の哲学の特徴 ソクラテスのロゴスがプ …

no image

ヨーガ スートラ パタンジャリ哲学の精髄

ヨーガ・スートラ: パタンジャリ哲学の精髄 原典・全訳・注釈付 – アニル ヴィディヤーランカール 図書館で背表紙を眺めながらフラツクのが好きだ。 なぜか魂が何かに引かれて巡りあうべくして …

no image

見えないけど確かな世界

ヘレン・ケラー光の中へ 彼女が「water」を理解したときの心の中を想像すること 血はまったく特製のジュースだ (1983年) (シュタイナー著作集〈別巻〉)

尺八奏者 中村明一氏の『倍音」 「密息で身体が変わる」

「倍音」 音楽を構成する音について考えてみたこともなかった 音は瞬間的な周波数であらわすことが出来る基音と時間の経過とともに 重なってゆく倍音によって成り立っている これは音色 バイオリンでもピアノで …